下半身太りの原因を知って部分やせダイエットに取り組もう

下半身はなぜ太り易く、ダイエットしにくいのでしょうか。
下半身太りの原因として考えられることは脂肪細胞の数です。
簡単に説明すると、脂肪細胞とは全身にある細胞で、脂肪を蓄える袋の役割をするものです。

脂肪が体に入ると、脂肪細胞に蓄積されます。
脂肪細胞の数は人によって違いがあり、脂肪細胞の数が増える時期は、母親の胎内にいる時と産まれて一年までの間、そして思春期とされています。

ダイエットをしても一度作られてしまった脂肪細胞を減らすことはできません。
ダイエットをして脂肪細胞に脂肪を蓄えず、小さな袋の状態にできれば体は細くなりますが、脂肪細胞がパンパンに膨らむほど脂肪を蓄えれば体は太くなっていきます。

体全体にこの脂肪細胞はあるわけですが、脂肪細胞の数を上半身と下半身で比較すると下半身の方により多く存在するということが分かっています。
ただ、なぜ下半身により多くの脂肪細胞が存在するのかについては、はっきりと分っていません。

下半身太りが特に女性に多く見られることから考えると、子宮という大切な臓器と、そこに宿る命を守るために、下半身に脂肪細胞を多く存在させているのではないかということが言われています。

ほかに下半身太りの原因としてあげられるのが、出産による骨盤の開きや歪みなどです。
脂肪を蓄えないようにするダイエットと、骨盤や骨格などを矯正するダイエットをすることが下半身太りを解消するにためには不可欠です。

この記事のタグ

関連ニュース

▲このページのトップへ