癒し 必要性

手遅れにならないための「癒し」の必要性

なぜ「癒し」は必要なのでしょうか?

 

 

現在売られている癒しグッズは何十種類もあり、増加の一途をたどっています。
それほど、「癒し」を求める人が多いのでしょう。

 

仕事に疲れた人、ストレスを抱えた人、理由はないけど憂鬱な気分が続いている人、心にいつも不安を抱えている人など、「癒し」を求める人は様々です。

 

それでも自覚症状があり、自分で「癒し」を求める人は、それほど心配がいらないケースが多いのですが、中には自分では気づかないうちに、精神的に追い詰められることがあります。

 

人間がストレスと感じる原因は様々ですが、その原因となるものが世の中には多くあり、年々増加しています。
例えば、過激なゲーム類、凄惨な事件が起こったり、不況のあおりで職を失う恐怖感や、収入の不安定さなど、知らず知らずのうちに心に大きな影響を及ぼしています。

それをどんどんため込むと、いつか飽和状態になり、精神のバランスを崩し、うつ病になったり、強迫観念に囚われたり、体にも不調をきたすようになってきます。

 

そうならないためにも、「癒し」は必要なのです。
出来れば毎日の生活の中に「癒し」を取り入れ、ストレスなどをため込まないようにするといいのですが、時間がないなど困難な場合も多いですね。

 

そういう場合は、例えば週末はお風呂を長めに入り、リラックスタイムを設けるとか、何かをしながらでも聴けるヒーリング音楽をかけておくとか、ほんの少し意識するだけで「癒し」を日常生活に取り入れることができます。

 

 

しかし、日常生活で気をつけていても、時には自分ではどうにもできないような精神状態になることもあるかもしれません。
生きることに嫌気がさしたり、生きる気力がなくなりかけたら、心療内科を受診しましょう。

 

心の病気も立派な病気の一つです。
「体が健康なのに病院なんて・・・」と思う人もいるかもしれませんが、心の病のほうが自分では治しにくいものです。

 

適切な治療を受け、手遅れにならないうちに心も体も癒すことが大切です。
心身ともに健康であることが、本当の健康なのです。

手遅れにならないための「癒し」の必要性関連エントリー