癒し 安眠

癒しを求めるなら心地よい安眠から

あなたは疲れたとき、癒しを求めてどのような行動をしますか?

 

誰でも疲れたら横になりたい、眠りたいと思いますよね。
疲れがピークに達すると体が重く、何も出来なくなります。

 

肉体的疲労はもちろん、精神的にも追い詰められると、人は何も手につかなくなります。
考えても考えても何の解決方法が見つからないとき、一度頭をリセットするために、私は寝てしまうことがあります。

 

私にとって、寝ることは癒しの一つの方法なのです。

 

心も体も癒してあげないと、あちこちに支障をきたし、体がうまく機能しなくなります。

 

睡眠は人間の欠かせない欲求であり、心地よい安眠から心身ともに癒されることも多いのです。

 

あなたは、心地よい安眠ができていますか?

 

 

寝ることは、健康の基本です。
寝不足になると、集中力が低下したり、体がだるかったり、頭がぼーっとしたりしますよね?

寝不足が続くと体への不調だけでなく、心にも作用します。

 

心の病と言われるうつ病も、脳の病と言われるほど脳にも関わりのある病気であり、脳を休ませるには、睡眠しかないのです。

 

心地よい眠りを毎日することで、体だけでなく心も元気でいられるということです。

心地よい安眠をするためには、良い枕が欠かせません。
枕を変えるだけで、驚くほど熟睡できた、とか、肩こりなどが治ったなどということもあるほど、枕選びは大切です。

 

あまり高過ぎない枕がお勧めです。
今は、オーダーメイドで枕を作ってくれるところもあるので自分に合った枕を選ぶようにしましょう。

 

そして、寝具は常に清潔に保ちましょう。
シーツはこまめに取り換え、お天気の良い日は干すことも大切です。

ふかふかのお布団なら、気持ちよく眠れますよね。

 

 

どうしても寝つきが悪いこともあると思います。
そういうときには、足湯がお勧めです。

洗面器にお湯を入れ、アロマオイルを数滴垂らして、足を入れるとリラックスでき、安眠につながります。

 

また寝る前のホットミルクもお勧めです。
あったかいミルクで心も体も癒され、ぐっすり眠れると思います。

 

 

心地よい眠りで、心も体も癒し、毎日を快適にお過ごしくださいね。

癒しを求めるなら心地よい安眠から関連エントリー